no-image

聖徳太子が別名で教科書に!?いつから?

聖徳太子が別名で教科書に!?いつから?

小中学校で学び、意外とこれだけは大人になてからも使うと感じる「聖徳太子」がなんと教科書から消えていた!?そうです。この度、教育現場や生徒自体が混乱してしまうとして晴れて?「聖徳太子」がお戻りになられたようです♩

ちなみに「聖徳太子」は「厩戸王」(うまやどのおう)として紹介されており、厩戸王ののちに聖徳太子と呼ばれるようになった史実があるようなのですが、これでは混乱してしまうということなんですね。

次期指導要領案で「厩戸王」に変更したが「聖徳太子」に戻す方向とのことですが、そもそも義務教育から長らく離れた人間からすると「いつからそうなってんの??」という疑問が強いですね..。私たちからすれば聖徳太子はあの聖徳太子でしかないので、それ以上でもそれ以下でも他に選択肢があるわけでもありません。

現代の教育現場が変わったのか、歴史系が大の苦手な私の学がないだけなのかはさておき..笑。今回の聖徳太子騒動は世間でも驚いている人は多いようです。

「どうせ高校で出てくるんだからいいじゃない」みたいな声もありますが、実際の今の生徒たちはどのように感じているんでしょうね?意外とどっちでもいいよなんてドライな感じなのかも。受験への影響なんかも気になるところではありますが。

ただ個人的にずっと思っていたのは、聖徳太子って一度に何人もの声を聞けたとされますが、一度に何人もに返答をできたわけではないと思うんです..。となると会話自体が成立しないから結局誰かが話し終わるのを待つと思うんですけど、どうなのかな?一度に何人もが話しかけて、返事もないのにそれでも話し続けるなんて現実的ではない気しかしない..。笑

Ads



「聖徳太子」復活に関する反響